ネーム印を通販で購入する際のポイント

ネーム印は印鑑通販サイトを利用することで簡単に購入をすることができます。実店舗まで足を運ばなくても済むので通販サイトで購入する人も多いですが、通販サイトならどこでもいいのかというとそうではありません。ネーム印と言っても色々な種類があるので、選び方は重要になります。ここでは通販で購入する時のポイントについて話します。

まず1つ目のポイントは太さです。通販サイトによってネーム印の作成で対応できる太さは異なります。実際に色々な太さが存在していますが、それぞれ人によって使用する場面や捺印する場所は異なるので、なるべく通販サイトで選ぶときは太さをオーダーで対応してくれるところを選ぶようにするといいでしょう。

続いて2つ目に大切なのがデザインや色です。基本的にネーム印で使用される書体は楷書体などが多くなりますが、オーダーメイドなら書体やボディーからなども色々選択することができます。個性的なネーム印を完成させたいと思っている人はデザインや色にもこだわれる通販サイトでの購入を検討するといいでしょう。

ここでは2つのポイントを紹介しましたが、それぞれ通販サイトによってサービス内容は異なるので、後悔しないためにも選ぶときはじっくりと考えるようにするといいでしょう。

ネーム印を長く使うために知っておきたいこと

ネーム印は印鑑の中でもとても便利なアイテムになるので、所有している人も多いかと思いますが、ネーム印は扱い方を間違えると壊れたりうまく捺印できなくなかったりするので、手入れや保管方法は知っておく必要があります。長く使うためにもここでは手入れや保管方法について紹介します。

まずネーム印で大切なことは適度にインクの補充をすることです。ネーム印は朱肉を使用しないので便利ですが、押し続けることでインクを消費します。消費しても押し続けると印影がだんだん薄くなり、印面が乾いて新たに補充をして上手く捺印できないということにもなるので、乾燥する前にインクの補充はしておくことが大切です。適度に補充をさせれば乾くこともなくいつまでもキレイな印影になるでしょう。

続いて大切なのがキャップをしっかりとすることです。ネーム印にはキャップが付いていることがほとんどです。キャップはどのような役割があるのかというと乾燥防止です。インクがしっかりと補充してあってもキャップをしないと印面が乾燥してしまう恐れがあります。それを防ぐためにもしっかりとキャップをするようにしましょう。

このように長く使うためにもここで説明した2つのポイントは守るようにしましょう。

ネーム印のメリットとは

印鑑には様々な種類が存在しており、それぞれにメリットはありますが、その中でもネーム印は利点が多いと言われています。これからネーム印の購入を考えている人もいるかと思いますが、どのような利点があるのか知っておきたい方に向けて、ここでは利点について述べます。

まず1つ目の利点としては安価で手に入れることが可能な点です。印鑑は印材などの種類が様々で、それによって価格が異なることがあります。中には数十万円以上する印鑑も存在しているなど高価なものは存在していますが、基本的にネーム印はそれほど高級な素材が使用されることはありません。その為比較的安価に購入することができるので魅力的です。例えば認印などであまりお金をかけたくない人はネーム印の購入を検討するといいでしょう。

続いて2つ目は使いやすくて効率がいいということです。ネーム印は朱肉を使用せずに捺印をすることができるのが特徴的ですが、中には朱肉を使用して捺印をするのが苦手だという人もいるでしょう。例えば認印でも上手く捺印することができないと修正をして押し直しをしたりしなければなりませんが、あまり捺印が得意でない方でもネーム印は簡単に押すことができます。インクが切れない限り綺麗に捺印できるので魅力的です。

印鑑通販サイトで購入できるネーム印とは?

印鑑を通販で購入しようと思っている人は多いかと思いますが、印鑑と言っても様々な種類があります。その中でも手軽に利用することができるネーム印は多くの人が購入しています。あまりにも生活に浸透していることもあり、普段ネーム印について特に注意を払わないまま使っているという方もいるかもしれません。ここではネーム印とは何かについて説明をします。

まず、ネーム印というのは認印の代わりに使用することが多い、朱肉がいらないタイプの丸形の印鑑です。朱肉が必要ないのにどうして捺印できるのだろう、と思っている人もいるかもしれませんが、ネーム印はインクを本体に内蔵しており、紙に押した時に印面からインクが出る仕組みになっているため、朱肉を使って押す必要はありません。その中でも名前を捺印する時につけられる印鑑の名前をネーム印と呼ぶことがあります。また、他の呼び方として多いのがシャチハタです。この名前は開発した企業からきたものだと言われています。

朱肉が必要ないので便利なネーム印ですが、実際にどこでも使用できるのかというとそうではありません。使用できる範囲は限られており、例えば重要な書類や契約書などには使用できないことが多くなっています。なぜ、使用できないのかというと、印面がゴム製のため、捺印時に歪みが発生する恐れがありますし、朱肉ではなくインクを使用することから重要な書類では認められないことが多くなっています。

しかし、そういったシーン以外では使用することができ、認印として活躍ができるアイテムとなっているので、人気が高く購入する人も多いと言われています。